ここから本文

業務内容

補修更生

下水管あるいは農業用水管等、様々な管路施設の補修に、多種多様な工法の中で最も適切な工法を用いて作業を行います。
管の更生は、改築や修繕による工法の他、止水管の補助的な工法も有り、様々な工事に迅速に対応する技術力と設備を備えております。
テレビカメラで確認し、確実に問題個所が特定できるので、掘削や大掛かりな工事をせず、経費削減をはかれます。

オールライナー工法 オールライナー工法 パートライナー工法 SPR工法(下水) SPR工法(農水) オメガライナー工法 MLR工法 マグマロック工法

ニーズに応える豊産管理のラインナップ

オールライナー工法

オールライナー・オールライナーZ工法は、工場で含浸された更生材を管内に引き入れた後、更生材に水圧、空気圧にて拡径し、水を加熱・循環させ樹脂を硬化形成させることにより、既設管きょに新しい管きょを形成する非開削の工法です。
また、オールライナーZ工法は更生材にガラス繊維を配置させることにより、物性を向上させています。
なお、鉄道横断管路内のしゅんせつや調査・補修を行う際に、作業車を隣接できない場合、軌陸車を使用して、施工箇所まで機材を運搬し作業にあたります。
※軌陸車とは、軌道と道路の両方を走ることのできる車両です。

パートライナー工法

パートライナー工法は、損傷した管きょ内面にFRPライニングを形成する非開削の補修工法です。ガラス繊維マットに熱硬化性樹脂を含浸させ補修機にまきつけ、損傷箇所に引き込み空気圧により圧着し、樹脂を硬化させFRPを形成します。また、パートライナーS工法は、取付管との接続部の補修を可能としました。

サイドライナー工法

サイドライナー工法は、硬化性樹脂を含浸させたホースと成形用のホースからなるダブルホースを取付管内に反転挿入し、樹脂の硬化後、成形用ホースを撤去することによって既設取付管に新しい管きょを形成する非開削の工法です。

SPR工法

SPR工法は既設管の内側に硬質塩化ビニル製プロファイルの更生管を製管し、既設管と更生管の間隙に特殊裏込め材を充填。
古くなった管きょを既設管・更生管・裏込め材が一体となった強固な複合管として蘇らせます。

オメガライナー工法

オメガライナー工法は、あらかじめ工場でω状に折りたたんだ形状記憶性能をもつ硬質塩化ビニル管を既設管内に引き込み、蒸気で加熱することで円形に復元し、圧縮空気により既設管と密着させ強固な自立管を構築する工法です。

光硬化工法 シームレスシステム工法

メインライナー(本管)、ラテラルライナー(取付管)、ユナイトライナー(接続部)によって本管から取付管まで下水道の一体化更生が可能。紫外線照射によって確実に硬化し、シームレスな更生管路がスピーディに完成します。

EPR工法

EPR工法は、ガラス繊維に常温硬化性エポキシ樹脂を含浸させたライニング材を施工現場で硬化させることにより、老朽化した下水道管きょを非開削で補修・更生する技術です。

EPR-LS工法

EPR-LS工法(取付管)は、ガラス繊維にエポキシ樹脂を含浸させたライニング材を施工現場で硬化させることにより、老朽化した下水道管きょを非開削で更生する技術です。

MLR工法

MLR工法とは、(Manhole Lining Renewal)の略称で、硫化水素等で腐食し、耐用年数及び強度が低下したマンホールに、強度と防食性を付与し、耐用年数を向上させる非開削マンホール更生技術です。

スナップロック工法

スナップロック工法は、管径700mm以下を対象に管継手部やクラックから発生する浸入水(漏水)を止水する非開削修繕工法です。

マグマロック工法

マグマロック工法は、これまでに埋設された耐震化を有さない既設管きょ及びマンホール継手部を対象に、短時間で耐震構造に改善することを目的に開発された非開削耐震化工法です。

既設下水道管渠等において、開削による補修が不可能な場所や、長期にわたり浸入水等の影響による地盤の空洞化に、非ウレタン系止水剤を充填することにより、地盤沈下や浸入水を防止する工法です。方法としてはY字管による注入と、パッカーによる工法があります。

φ200m/m~600m/mの管内において、更生工事前のモルタル、取付管突出等の除去及び工事後における取付管口の穿孔を目的とするロボットシステムです。
穿孔システム自体は、コンパクト設計により、ワンボックス車に搭載しているので、狭い道路上でも、施工可能です。

  • 穿孔
  • 穿孔
本文ここまで

豊産管理株式会社

[本社] 〒030-0852 青森県青森市大字大野字前田21-11 ☎017-729-3711 FAX 017-729-3737

©Housan Kanri,Co.,Ltd.

このページの上へ